第1回 活きる力講座


日 時:2015年5月16日

    13:00〜15:00

場 所:はぁとinternational(株)内

内 容:「活きる力」講座

講 師:松田てるみ さん

参加者:4名

第1回「活きる力」講座、開催しました。


とてもパワフルなタイトルの講座ですが、当日は「内なるパワー」をひしひしと感じた2時間でした。


簡単にですが、ご報告させていただきます!


ワーク1「自己分析+他者分析」

一部のみお見せしますが、このようなシートを、自分が当てはまると思う自分の特徴に「○」。

そして、他の人のシートにも、その人に対する印象で当てはまるところに「○」をしていきます。


こうやって、自分が思う自分と、他人から見た自分のイメージのギャップを見ていきます。


他人が自分をどう見ているのか知ることは、すっごくいい機会でした。

私は「粘り強い」と「意志が強い」と思われているようです^^


ワーク2:何になりたい?そして、どうして?

数項目のカテゴリーの中から、自分がなりたいものを選び、その理由も答えます。


黄色になりたい人。

チーターになりたい人。

アパートになりたい人。

マンゴーになりたい人。


どんな理由か検討つきますか?


潜在的な自分の気持ちを形を変えて表現することは、とても楽しく「なるほど〜」の時間でした。

ワーク3:自己アピールタイム

現実の自分

理想の自分

その二つの自分を可愛くまとめます。


そして最後に、そのギャップを埋めるシートを完成させます。

松田先生がこんなに色とりどりの色紙を準備して下さり、活動を更にワクワク、楽しく盛り上げて下さいました。


私は結局上手にまとめきれず、なかなか具体的な言葉にすることができませんでしたが、「イメージ」は、かなりはっきり見つけることが出来ました。



最後に・・・。

個人的に、最近いろいろと押し寄せてくる大量の現実から、自分自身の軸や自分らしさを見つめる時間がなかなかとれずにいました。


実はこの講座も、そんな追われた心の状態のまま参加してしまっていました。


しかし、活動をこなすにつれ、「あ、今が「自分自身の軸や自分らしさを見つめる時間」なんだ!」と気がつき、そこからはかなり集中してこの全てのワークに取り組みました。


自分が思う自分と、周りからみた私のギャップは、

「慎重」「きっちり」だそうです。


そして、自分も他人も合致した私は、

「粘り強い」「一つのことに凝る」「見守る」「はっきり」「大胆」「おおざっぱ」「意志が強い」でした。


「ギャップ」は、他人の目から見た私なので、これからはそこを良い意味で自覚してみようなか、と思いました。


そして、「なれるとしたら〜」、で私が選んだ物は、

①果物/マンゴ−(理由:みんなが欲しがってくれる。笑顔で見てくれるから。)

②花/カサブランカ(理由:凜!としてかっこよく咲いているイメージだから。)

③色/オレンジ(理由:太陽のように皆を照らしたい。)

でした。


こうやって出た答えを客観的に見て、

「あ〜、この人は、愛情を求め、愛情を捧げ、常に自分を自分の人生の主人公として強く生きていきたい人なんだろうな〜。」と、改めて自分自身を見つめ直すことができました。


人はいつも自分を知りたい、人との関わりの中での自分を理想の場所に置きたい、と考えている人が多いのではないでしょうか・・・。


自己分析、というと、すっごく深く深く、途中で「あ〜、もう〜、分からない〜><」ってなる人も多いと思いますが(誰よりも私が!!!)、こんな風にお友達同士で、仲間どうして、「ちょっとこんなのやってみない?!」って、気軽に「Let's  自己分析〜!」みたいな感じでやってみてはどうでしょうか?


そんな「明日から自分でできる自己分析」の、小さいけど大切なヒントが、この講座にはたくさん入っていました。


松田てるみ先生の講座は、そんな「自己分析のはじめの一歩」として、気軽に参加でき、そして小さなヒントだからこそ、明日からの毎日に自分でも気軽に取り入れられる形になっています。


人生は、最後の一日までが人生だといつも自分に言い聞かせて、パワーを生み出しています!

自分の人生はどんな環境でも「自由に選択できる!」と、自分の人生の可能性を常に信じています。


いつからでも遅すぎることはなく、早すぎることもなく。

気付いたときが最高のタイミングでのスタートです。

80歳になっても、90歳になっても、自分を見つめ、明日からの人生に希望を持ち続ける人でありたいといつも思っています。


5月23日、第2回目を行います。


ザックバランな心理学講座、松田先生とアットホームに自分を見つめる時間を過ごしませんか?!


Write a comment

Comments: 0