JICスキル


イマージョンを実施する上で、以下の様な意識と技術の習得が必要であり、それを「JICスキル」と定義づけています。

 

①学習者との目的共有をはっきりと

②自然な日本語を浴びせる(既習・未習関係なく)

③同じ言葉を何度も繰り返し浴びせて、「慣れる」を効果的にする

④既習事項を自然に会話に組み込み、「慣れる」で定着をはかる

⑤生徒の発話は最後まで聞く(推測して、途中でさえぎらない)

⑥間違いは最小限の説明で訂正

⑦間違い訂正は、「伝わる日本語」で

⑧学習者の背景(文化背景など)を理解する

⑨学習者の興味・理解度に合わせて臨機応変に対応する(準備に固執しない)

⑩指導法や固定概念にとらわれず、学習者の満足に集中する

 

 

これらの日本語コントロールスキルを、プログラム全般を通して意識して、身に付けて行きます。