JIC Homeリーダー育成プログラム


ホストファミリーとして、JICリーダーのお仕事のサポーターとして活躍していただく人材を育成するためのプログラムです。

ホストファミリーとして、外国人の皆さんをご家庭に招き、家族として繋がりたい、また、滞在中に、日本のことをできるだけ教えたい、という方にピッタリのプログラムです。

 

英語に自信がない方でも大丈夫です。

外国人の皆さんとのコミュニケーションを「日本語で」円滑に効果的に繋ぐコツがあります。

 

「日本語で日本のことを伝える」ことは、外国人の皆さんにとって、「日本のことを知ることができる」+「日本語が学べる」の、「わかる/できる」を手にすることが出来る非常に貴重な日本語学習体験に繋がります。

 

そんな外国人の皆さんの日本語学習のサポートの一環としても、非常に役立ちます。

 

JIC Homeリーダー育成プログラム修了後は、ホームステイ(宿泊型)やホームビジット(数時間滞在)の受け入れや、交流を重ねる毎に、「伝わる日本語」としてのコミュニケーションスキルが上達していく、そんな楽しさもありますよ!

 

そして、年に1回の「USA Summer Camp」イベントでは、福岡でサマーキャンプのために来日されるアメリカ人の大学生の皆さんに、日本文化で国際交流していただくビッグイベントも開催しています。

「USA Summer Camp」

 

またご希望で、「JICリーダー」のお仕事のサポートをしていただいています。(有償・無償)

 

「JICリーダー」

プログラム内容


『受講回数』

3回

 

『料 金』 

10,000円(税込み 10,800円)

 

『受講内容』

 

1回目:個別カウンセリング

→お一人お一人、お受け入れ前の不安や悩みをじっくり伺います。2回目、3回目では、カウンセリングで伺ったお悩みが解決できるような内容を講座に組み込み、しっかりと問題解決を行います。文化の違い、考え方の違い、コミュニケーションのお悩みなど、お気軽にお話下さいませ。

 

 

2回目:受け入れの心得

→1回目のカウンセリングの中から、そして、これまでの体験者の事例をもとに、「文化背景/考え方の違い」などについて学びます。日本人としての固定概念や価値観を知り、両国を、そして、お互いを尊重し合える見方を身に付けます。

 

 

3回目:日本語コミュニケーション講座

→コミュニケーションについての不安を、具体的なコツをご紹介しながら解消します。意外と知らない日本語の構造や特徴。それらを知れば、どのように自分自身の日本語をコントロールすれば、日本語でも伝えたいことが伝わる日本語になるのかがわかります。

 

*修了後は、「JIC Homeリーダー」として、登録していただき、ホストファミリー委託先、また、お仕事の外注先として関わっていただくことができます。

受講+ホームステイ体験者の声


「Kさん」

 

わたしは、「物」など教えるときは

 

①ものなど、実物見せて

②日本語で言ってみて

③ローマ字で 紙に書いて 読んでもらう

 

物によっては、日本の伝統文化も伝えないといけないからそれは、英語で可能な範囲説明して、ネットなど英語表記の説明文を読んでもらう。

 

「挨拶」を教えるときは

 

①実際に相手とシーン別に言ってみる 挨拶してみせる

 

はじめまして

おかえりなさい 

ただいま

いただきます

ごちそうさまでした

など、

②言わせてみる

③ローマ字で表記したものを見せて

   再度言ってもらう

 

みたいな感じで過ごしました

 

講座のアドバイスでやっぱり大きかったのは、「日本語を使っていいこと」というアドバイスが一番 安心材料でした。日本語をどういかにうまく使って 印象付けるか、忘れない日本語にするかが大事だと思いました!

やっぱり、勉強すると、文法通りに教えないと。とか話さないと!って思ってました。

 

まずは、単語なんですかね?

 

あとは、一番言いたいことを最初にいう!

 

が、すごくなるほど!と思い、活用させていただきました! 

 

日本語の考えかたは、やはり

方言がたくさんあることや、

すみません!の使い方など話しました。

 

お問い合せ


メモ: * は入力必須項目です