日本語日本文化グローバルリーダー研修


「自分の価値観や常識を広げ、自分と違う価値観や常識を尊重する」

この理念をもとに、事前研修→現地研修(海外)を通して、「体験」から得る本当の学びを体験します。価値観や常識が大きく変わる体験型プログラムです。

 

前回の内容

【参加者】東京の会計関連の企業の社員様

【人 数】1名

【期 間】7月後半 5泊6日

【内 容】「事前研修」→「現地活動」→「事後活動」

     ①カウンセリングでご本人の理想とする「リーダー像」を具体化する

     ②そのために必要な活動をイメージする

     ③社内でプレゼン実施

     ④現地スリランカの協力企業、団体、個人との打ち合わせ

     (一部、参加者本人が現地とSkypeにて打ち合わせを進める)

     ⑤現地活動

      ・「ポロンナルワ」という原始的な村で、村の人達と交流/学校訪問/ホームステイ体験/村の子ども達の日本語学習のために、現地で漢字テキストを作成する

      ・「コロンボ」の企業での社長インタビュー/シンハラ語レッスン/来日前の現地の皆さんに日本の文化、生活習慣などの講義/日本café開催/

     ⑥帰国後、社内でプレゼン

 

これらの活動の全てが、参加者本人の「思い」→「形作り」→「見直し」→「形作り」→「見直し」を何度も何度も実施し、「一点の曇りもない気持で決めたことだけ実行しよう!」という思いを大切にし、非日常の中で、予定が未定のスリランカで、「自分の価値観や常識を広げ、自分と違う価値観や常識を尊重する」価値観を求め、実施してきました。

 

体験者にしか分からない「相手の価値観や常識を受け入れることの難しさ」に、何度も苦悩します。

この「苦悩」こそ、自分が知らずにこれまでもっていた「固定概念」の怖さで有り、おごりであることを痛感します。

 

体験こそ、最大の気付き、学びを提供してくれる教室です。

机上を越えて、是非、全てが体験の世界でチャレンジしませんか?!



お問い合せ


メモ: * は入力必須項目です