Heart-café@Market


 日本をはじめ、世界中の文化の品を出展しています。

自国、他国の文化を大切にし、物や伝統や技術の衰退が少しでも防げたら、という思いで『Heart-café@Market』を Openしました。

世界中の様々な国々の文化を守る活動として、世界平和に貢献させていただけたら、と思っています。


【作家紹介】

熊本在住のJICリーダー修了生。ブランド名は『NAR_CIST』(ナルシスト)

以下、「タッセル」「和物bag」、全て『NAR_CIST』さんの作品です。

タッセル


カーテンを束ねるときに、ドアノブに、またbagの飾りに、そして首飾りに、、、。

 

さらさらっと揺れる「タッセル」の素材は、『和』と『洋』の独特な融合です。

作家の『NAR_CIST』さんの個性とセンスが光る一点物ばかり。

 

どれもこれも『世界に一つ』の作品です。

 

それぞれ作家さん自らが名付けた『テーマ』と、作成のストーリーをご紹介しています。このストーリーもまた、『世界に一つだけの物語』です。

一点物の作品達との出会いとストーリーを、是非皆さまの日常生活に取り入れて、小さな幸せを楽しんで下さい♬

テーマ『森の中で』 (8,000円+tax)

 

森のイメージ。毛糸の色の三段階のグラデーションで、「春」〜「夏」の、森の木々の変化を表しています。

まるい毛玉は動物。っと、ここまでは「柔らかいイメージ」なのですが、留め具はその真反対の「金属」を使っています。この金属を組み合わせることで、柔らかいイメージの中にも、ハードで男性っぽい雰囲気を入れて、このアンバランスさを魅力にしました。この金属は、恐らく電球の傘部分だったんだと思います。

そして、レースは、決まり切った使い方ではなく(もともとは椅子の周りや、クッションの周りについているレース。横向きに使われているのが一般的。)、本来の固定概念を崩した使い方(縦に使う)をしてみました。そうすることで、もう一度、新しい命が吹き込まれるようで、ワクワクします。(金具から下のサイズは、だいたい15〜20センチくらいです)

 


テーマ『シンデレラのまま母』(11,000円+tax)

 

色味がシンプルなので、インパクトをもたせたくて、キラキラ素材など入れてみました。

内側のスカート部分は、もっと短い方がいいかな?と思ったりしていますが、でも、このデザインも気に入っています。

実はこの『シンデレラのまま母』は、あるアパレルのイベントに出店させていただいたもので、『モノトーンなデザインで』という、条件があり、それに合わせてシックな色味だけで作りました。

本来は、カラフルに楽しく!というコンセプトで作ることが多いのですが、お題があるからには、その中でいい物を作りたい!と、頑張ってみました。

でも、やっぱり「ちょっとかわいい」は、入れたくて、リボンとか、キラキラを入れてみました。ちなみに、紐も含めて全てシルクです♬

(留め具から下のサイズは、だいたい10〜15センチくらいです)

 


テーマ『メリル』(17,000円+tax)

 

たっくさんの「異なる素材」を組み合わせたい、という思いで作りました。

白いレースはアメリカのウエディングドレスのサイトで見つけました。コンセプトは『渋かわいい』。大人の、渋さの中に、ちょっと可愛いさが混じっている感じ。

例えば、一カ所だけ、女子の憧れのビーズを入れるとか。だいたい素材を見た時に、勝手に組み合わせが浮かんできます。

グリーンのシルクの糸は、「まだまだ出番がないな〜」と思って、ずっとしまっていたものでしたが、白いレースに出会ったときに、「あ、ピッタリ!」と直感。

透明のレースは、素材感が好きでずっと前に購入していました。内側に茶色の糸が束で入っています。写真からは分からないかも知れませんが、スカートが「ふわっ」と風で揺れたら、中の生地がちょこっと見えるみたいな、そんなイメージです。

留め具部分は、アンティークの家具屋さんの端材の山から発見!端材の山も、私にはお宝の山。

あとは、家具屋さんにお願いして、切って、穴を空けてもらって、留め具部分が完成。

持ち手のレースは、恐らくアンティークのソファで使われていたものだと思います。ちょっと接着剤の跡がついています。こういう、素材の歴史が垣間見えるのも、アンティーク素材で作る醍醐味です!

(留め具から下のサイズは、だいたい15〜20センチくらいです)

 


テーマ『冬のUFO』(11,000円+tax)

 

紐は、カシミアウールです。焦げ茶色のベースに、それだけじゃ面白くないから、ということで、個性的にしたくて、この違う毛糸のぽんぽんを使いました。可愛く出来上がりました^^。

ただ、実は、想定以上に紫の毛糸が多くて、かなりボリューミーに広がって、UFOみたいになりました。。。

最初のイメージとは少しちがうのですが、それもご愛敬^^;

それから、留め具部分をどうしよう、、、と悩んでいましたが、アンティーク家具屋さんの端材から素敵な留め具を見つけることが出来ました!捨てられるはずのものに、もう一度「アップサイクル」として、また新しい命を吹き込み、より良い物として、また新たな働き方を与えることができる、、、ような気がして、なんともいえない幸せを感じます。

(留め具から下のサイズは、だいたい10〜15センチくらいです)

 


テーマ『チェーンの首飾り』(17,000円+tax)

 

実は『チェーンの首飾り』は、アンティーク好きな友達からのオーダーがきっかけで、初めてチャレンジした作品。

作ってみると、チェーンのもつ重みで、胸元で揺れると、なんともいい動きをしてくれます。

この作品のいっちばん大変だったところは、「チェーンの長さを揃えるところ」です。何回やってもうまくいかず、それはそれは苦労しました。。。

他のどの作品よりも、手間暇がすっごくかかりました。。。が、おかげで、とっても愛着を感じています。

(飾り部分は、だいたい10センチくらいです)

 


このような、bagの飾りや、タッセルもあります♬

*緑の『Xmasタッセル』は、2つで18,000円(+tax)です。

 

●お問い合せ


メモ: * は入力必須項目です