初級文法なるほど通信トレーニング


『初級文法なるほど通信トレーニング』商品のご案内


10ヶ月で、確実に文法に自信を持ち、日本語教師基礎力をアップするための教材+トレーニング

 

【教材内容】

①なるほど参考書(PDF) 

②なるほど参考書(冊子・名前入り)

③映像解説

④メルマガ解説

  +

⑤文法講座

(1時間×10回 「オンライン」×「個別」レッスン)

 

<⑤の講座内容>

1回目   :「文法基礎講座」

2〜5回目:「初級文法分析」

6〜9回目:「分かりやすい教え方のコツ」

10回目 :「弱点補強」

 

*既に受講中の方で、「パーソナルサポート付き」でご購入された方は、引き続き、そちらのサポートを御利用下さいませ。

 *「パーソナルサポート」とは、受講期間中、いつでも、どんな質問でもしていただけるという、受講生のための専属家庭教師!のようなサービスです。文法のこと、授業のこと、いつでもご相談下さいませ!

 

【料 金】
100,000円(税込み 108,000円)


上記「⑤文法講座 10回分」は、10ヶ月間の有効期限です。

月一でも、最初にまとめて10回入れても、どのようなScheduleでもokです。

 

 

尚、受講期間が10ヶ月ですので、月々10,000円払い(税込み 10,800円)×10回まで対応させていただきます。

 

*上記講座内容の詳しいご説明は下にありすので、ご参考下さいませ。

日本語教師という仕事


『専門性があるって、いいお仕事ですね』

『専門性を持っているって、羨ましいです』と、よく言われます。

 

日本語教師は『専門性のある仕事』です。
つまり、日本語の専門家、です。

 

専門性がある仕事、専門性にプロ意識を持っている人は、いつも輝いているようにみえます。

「本当に素敵だな!」といつも憧れ、尊敬に値する気持を持って、彼らから何かを学びたいという気持が沸きます。

 

でも、その『専門性』に自信がないと思っている日本語教師はとても多いです。

 

専門性を持つことの覚悟、そして、それを維持し続けることはとても根気のいることです。

コツコツ、コツコツ、終わりのない努力を続けることでもあります。

 

でも、「日本語教師」=「日本語の専門家」=「専門性」=「文法力」、という図式は、苦手とか、自信がないとか、本人の意志や選択できるものではありません。

 

「日本語教師になりたい!」と目指した自分の選択に向き合うのは、皆さん1人1人のプロ意識の有無です。

 

皆さんが社会から求められる「専門性」に、自信を持って、

 

「私、日本語教師です!」と言える自分を、手にして欲しいと思います。自分の持つ専門性が、本当に誰かのためになり、役に立てているという実感を持って初めて「専門家の一歩」が始まります。

 

まずは自分自身の日本語教師としての問題解決に向き合いませんか?

そろそろ目をそらさずに、ここに真剣に向き合いませんか?

 

本気の覚悟は、自分も周りも変わりますよ。

初級文法なるほど通信トレーニング無料サンプル版


「文法に自信をもたなければ、自信を持って教壇に立てない。生徒達に申し訳ない。」

という私なりのプロ意識から、自分のために「文法ファイル」を作り始めました。

「PDFファイル」「映像解説」「メルマガ解説」の3点で1セット、これを約200項目分収録しています。

 

無料サンプル版は、「自己紹介で使われる14項目の文法のポイントと教え方のコツ」す。どうぞご参考下さいませ。

 

◆無料体験版はこちらをどうぞ! →「なるほど通信サンプル版」

日本語初級文法なるほど通信トレーニング


 約200項目の初級文法項目を「PDF資料」「映像解説」「メルマガ情報」の3点から解説している「オンライン型教材」です。

 

 

内容の詳細は、

<PDF資料>

初級文法なるほど参考書 約200項目の文型・文法を網羅

(文法のポイント+教え方のコツ+よくある間違い+例文)

 

<映像解説>

「初級文法なるほど参考書」1項目毎に映像解説付き!全部で約200項目

 

<なるほどメルマガ情報>

参考書と映像解説の補足説明

 

の3点です。

 

授業がイメージしやすいように、分かりやすいように、と意識して制作しました。

①「初級文法なるほど参考書」(PDF資料)


約200項目分のPDF資料です。完全永久保存版です。(ご希望の方は、表紙の名前入りで冊子をお作り致します。)

「初級文法なるほど参考書」の内容


「文法のポイント」と「教え方のコツ」と「例文」を、できるだけ分かりやすくまとめています。

初級テキストで使われているほとんどの文法を網羅した永久保存版の一冊です!約200項目の文型・文法がどの項目も詳しく記載されています。

 

PDF資料としてメールでお送り致しますので、自分の好きな部分をいつでも取り出して使えます。見やすくて使いやすい目次がついていますので、そこで知りたい項目を調べたり、また、授業のカリキュラム作りにも自由自在に組み合わせ使っていただけます。

 

もちろん、この目次の流れ通りに授業していただいても授業をしていただけます。

使い方は自由自在!だから「永久保存版」です。

 ー目次についてー

初級文法なるほど参考書の目次です。全部で約55の場面やテーマに分かれています。

学習者のニーズに応じて、どこからでも教えられます。

 

1. 場面 2.目標   3.基本文型などが目次として記載されています。

以下、全項目分の目次を掲載致します。

<資料について>

第1章-1.「紹介する」の資料です。

 

資料の上から「機能」「例文」「文型」「文型・文法のポイント」「教える時のポイント」(+学習者のよくある間違い)「例文」が細かく記載されています。

PDF資料としてお渡ししていますので、必要な時にいつでもプリントして使うことができます。

 

一番下は「場面」という項目になっています。場面を書き出しておけば、導入で、会話練習で、どんな時でも使えるようにストックしておきます。

 

場面=学習者が実際にその日本語を使う可能性がとても高い「日本語を使う場所」ですよね!

ですから、この場面で使えるようになるということは、実際の場面でも話せるようになるということに直結します!

だから、練習用に作られた場面ではなく、実際に使える場面をストックしておくと、いざというときにすっご〜く役立ちます!!!

 

いつでもどこでも自信を持って教えられる一冊になること間違い無しです!

 

*下は、参考書の中身です。↓

②映像解説


毎日その日の学習項目の解説を映像でお送り致します。資料だけでは分かりにくい部分を視覚で確認できますので分かりやすいです!

③なるほどメルマガ情報


PDF資料、映像解説、そこにもう一つメルマガ情報で、文法や教えるコツなどの知って得する情報を補足説明しています。講師と会話をしている、そんな感覚で学ぶことが出来ます。

 

(「なるほどメルマガ情報」一例↓)


こんにちは!今日は『2章-1』わからないものを聞く

①これは果物ですか。

②スイカはどれですか。です。

 

 

分からない物を聞く場面。それは

 

「分かりにくい」もしくは

「分からない」からですよね。

 

①遠すぎて分かりにくい

→黒板の字が見えない時

「先生!それ「7」ですか?)

 

②暗すぎて見えにくい

→部屋が暗すぎる?映画館とか

「これは、コーラですか?」

 

③小さすぎて分かりにくい

→誰かが書いた字。メモとか

「これは「1時」ですか?」

 

④よく似ていて分かりにくい

→友達の家族写真を見て

「これは妹さんですか?」

 

こんな場面を想像して導入にお役立て下さい!

 

「似ている」というのは、同じ範疇(カテゴリー)ですよね、普通。

 

ということは、語彙の整理も兼ねて

 

数 字:1〜10(もしくはそれ以上)

食べ物:果物/メニュー/魚などなど

家 系:お父さん/おじいさん/妹など

建 物:郵便局/銀行/市役所など

食 品:スーパーにあるものなど

家の中:家の中にありそうなもの

学 校:学校にありそうなもの

 

などなど、まずは語彙を紹介・整理してからその中で、学習者が本当に「似ている」と思うものを自分で選んで

 

「これは○○ですか。」

「いえ、これは△△です。」

という練習ができればいいですね。

 

 

語彙を増やすのは学習者にとって、とっても大変な作業!だから、いつでも授業でまとめて覚えられるようにたくさん提示します。

それを、ことある毎に

 

「はい、じゃあ、今日は食べ物の語彙を復習しましょう。」

 

と、授業の最初のウォーミングアップに使ったりもします。

 

絵カードを、最初はゆっくり見せながら、言わせながら。

2回目は少しスピードアップして。

3回目は「はい、はい、はい、はい!」というように、リズムに合わせて早く。

 

スピードを調節するだけで、学習者は「単に語彙の復習」と感じず、「ゲーム感覚」で、遊びのように元気に言ってくれます!

 

単純ですが、とってもためになる、役に立つ練習です♪

 

 

先ほどの「建物」カテゴリーですが、見かけだけでは分からないものももちろんありますが、「郵便局」「○○銀行」「市役所」など、公共のよく利用する可能性がある建物の漢字だけは、なんとなく形で読めるくらいになっておくと便利じゃないですか?

 

「あれは郵便局ですか。」

「いえ、あれは銀行です。」

 

特に、学習者の生活圏内にある郵便局、銀行などはマークや文字が読めたら、「あ、ここに○○銀行があった!ちょっとお金下ろしてこよ〜っと。」(心の中で、きっとこう言ってると思います^^;)と、生活の上でとても便利ですよね。

 

漢字が苦手な学習者は多いですが、「絵」として、書けなくても、このくらいの漢字が見て分かる程度になったらいいですね!

 

あと、公式は『1章』と同じように

「N1はN2です」です。

 

「N1」に「これ/それ/あれ」が入ります。そして、

「N2」にいろいろな名詞が入ります。

 

参考書にもありますが、「これ」「それ」「あれ」の距離感の練習が必要です。「それ」という概念がない国もあるって聞いたことがありますので!

 

 

 

では以上です。

学習者が、たくさんの

 

「これは○○ですか。」

「これはなんですか。」

 

が言えるように、聞けるようになったら、きっと日本での生活もグッと快適になりますね!

学習者の生活範囲を想像して、「ここでこんなこと質問するかも?!」と想像して、それを前もって教えられたら素晴らしいですね!

受講生の声


気になる気になる「受講生の声!」です。

皆さんの声を集めるのはちょっと難しいですが、コメントをいただいた方から順に掲載していきたいと思います。

 

ちなみに、いただいたコメントは、「いい点」「改善点」そのまま掲載しています!

できるだけ皆様の立場に立って情報公開を行いたいと思っていますので、どうぞ参考にしてください^^

改善点をお見せするのはかなり恥ずかしいですが、私も皆さんと一緒に学ばせていただきたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します!

 

こちらからご覧下さいませ。

 

「受講生の声」(←こちらをクリックして下さい。)

料 金


 【日本語初級文法なるほど通信トレーニング】

10回シリーズの「オンライン」「個別」文法講座付き!〜

 

【料 金】

100,000円(税込み:108,000円)

上記「⑤文法講座 10回分」は、10ヶ月間の有効期限です。

月一でも、最初にまとめて10回入れても、どのようなScheduleでもokです。

*尚、受講期間が10ヶ月ですので、月々10,000円払い(税込み 10,800円)×10回まで対応させていただきます。

 

【含まれる物】

①なるほど参考書(PDF) 

②なるほど参考書(冊子・名前入り)

③映像解説

④メルマガ解説

  +

⑤文法講座

(1時間×10回 「オンライン」×「個別」レッスン)

 

<講座内容>

1回目   :「文法基礎講座」

2〜5回目:「初級文法分析」

6〜9回目:「分かりやすい教え方のコツ」

10回目 :「弱点補強」

 

*既に受講中の方で、「パーソナルサポート付き」でご購入された方は、引き続き、そちらのサポートを御利用下さいませ。

 *「パーソナルサポート」とは、受講期間中、いつでも、どんな質問でもしていただけるという、受講生のための専属家庭教師!のようなサービスです。文法のこと、授業のこと、いつでもご相談下さいませ!

お支払い方法


基本的に現金一括払いでお願いさせていただいておりますが、カード払い、分割払いでもお受けしております。

お申し込みの方は、以下「お問い合せ」よりメッセージをお願い致します。

 

*カード払いの方は、手数料として3,000円かかります。ご了承下さいませ。108,000+3,000=111,000円)

 

『日本語初級文法なるほど通信トレーニング』

文法知識に自信を持ち、教える楽しさを味わいましょう!

¥111,000

  • お届け日数:1~3日1

お問い合せ


メモ: * は入力必須項目です